エリアクエスト

areaquestg.exblog.jp

事業用不動産賃貸のエリアクエストです。

日本版「ELLE DECOR」から「エル・デコ インターナショナル デザイン アワード(EDIDA)」日本ノミネート作品が発表された。来年4月ミラノで発表される大賞の候補となるもの。
そのキッチン・キッチン用品部門で選出されたのがminotticucine(ミノッティクッチーネ)社の「Pietra」。本物のハイエンド・高級キッチンを体感すべく、今秋、高倍率で即日完売し話題となった“億ション”に採用されたモデルルームもあわせて取材した。
ミニマリズムを極める「minotticucine(ミノッティクッチーネ)」

「minotticucine(ミノッティクチーネ)」は、1949年にAdriano Minotti(アドリアーノ・ミノッティ)により創業されたイタリアを代表する高級キッチンメーカー。日本には2004年から代理店(株式会社クライス&カンパニー)を通じて輸入販売されている。

1999年に、2代目社長Alberto Minottiは「mediterranean minimalism(地中海ミニマリズム)」と「essentialism(本質主義)」をミノッティクチーネのデザイン路線として確立し、ベローナにおいて天然石加工に優れた地元の職人技術を表現する挑戦を始めた。それ以降、ミニマル・デザインの代名詞となり世界のキッチン市場を牽引してきた。ミラノ・サローネでショールーム展示される新作は、いつも世界から注目されるトレンドセッター的ブランドである。
4段階に高さを変え、石にクラックを入れたキッチン「Pietra」

「Pietra」をデザインしたクラウディオ・シルベストリンは、階段状の配置と美しいクラック(ひび割れ)加工によって、人生の浮き沈みや生と死までを表現したかったと言う。
ミニマル・デザインに徹し、石のオブジェとして存在するかのごとく、シンクやコンロなどキッチンらしい設備類は全く見えない。もちろん、食洗機など各設備は内蔵されていて、写真のように機器が電動で昇降し(画像2)、カウンタートップの石をスライドさせれば水栓・シンク等が現れるようになっている。

詩的に表現されたデザインといい、天然石の加工技術といい、キッチンの領域を超えた作品。相当な価格(1000万円以上)ともなると、選ばれるキッチンというより“キッチンが人を選ぶ”ことになるのだろう。
minotticucineを採用した“億ション”「ザ・パークハウス グラン 千鳥ヶ淵」

minotticucine社のキッチンは日本でも有名人などのお宅に入るので施工例を見ることができる機会は少ないが、9月に販売された「ザ・パークハウス グラン 千鳥ヶ淵」(三菱地所レジデンス)に、設計変更対応キッチンとして採用されモデルルームに展示された。日本の空間でどのように収まったのか、本物のクオリティを体感しに伺った。

11.2畳の独立キッチンにminotticucineの「Gandhara(ガンダーラ)」シリーズが採用された。コの字型レイアウトで軽食が取れるカウンター式。キャビネット面材はグレイッシュに塗装されたアッシュ材。グリーン系の御影石とのコントラストが新鮮、石の素材感が重くなり過ぎず日本の空間にも馴染むカラーだ。
ここでも設備機器はインストールされて見えないのが、ミニマル・デザインの鉄則。

当マンションではオプション(13、14階のみの対応)のminotticucineであるが、数件の要望があるということ。数億円のマンションなら数千万円のキッチンが入っても不思議ではないな・・・と思いながらも、家一軒と同じ値段のキッチン!?やはり別世界。
ただ、高級キッチンでなくともキッチンを家具同様に考える欧米では、日本のように家電製品や設備が溢れているキッチンは見かけない。機器を隠し空間のクオリティを高めるキッチンデザインとして、minotticucineのミニマム・デザインはお手本になるものである。(SUUMOジャーナルより引用)
唯一無二と言われるminotticucineの製品ですよね。
[PR]
# by areaquestgroup | 2013-11-20 14:26 | エリアクエスト
首都圏賃貸物件の成約数・成約賃料
アットホーム株式会社が、同社の全国不動産情報ネットワークにおいて、2013年9月期の首都圏賃貸物件の成約数・成約賃料について市場動向を発表した。

東京23区は同16か月連続増、埼玉県は同28か月連続増?9月の首都圏の居住用賃貸物件成約数は19,277件で、前年同月比1.8%減少し、1年4か月ぶりにマイナスとなった。これまで好調だったマンションが同11か月ぶり減少、アパートも再び減少に転じている。

特に神奈川県は、マンションが二ケタ減となるなど不振が続いており、同3か月連続で減少。一方、東京23区は同1年4か月か月連続、埼玉県は2年4か月連続増と、好調が続いている。

マンション・アパート共に不調
1戸あたり平均賃料は、マンションでは、新築が東京23区の成約好調で前年同月比2か月連続の上昇しており、中古は同6か月連続で上昇した。しかしアパート市場は不安定だ。アパートは、新築が面積の拡大続き同9か月連続で上昇したが、中古は同2か月連続で下落している。

1平方メートルあたりの成約賃料について首都圏平均は賃貸マンションが2,588円で、前年の同月と比べると0.1%下落。賃貸アパートは2,132円で前年の同月と比べると1.5%下落した。

1戸あたりの成約賃料で首都圏平均は、賃貸マンションが9.13万円で、前年の同月と比べると2.0%上昇。賃貸アパートは6.22万円で、前年の同月と比べると0.5%上昇した。

成約が1年4カ月ぶりに減少した理由としては、シングル向けの物件が不審だったことだ。埼玉を除く全てのエリアでマンション・アパートともにマイナスとなり、神奈川県と千葉県においては、二桁の大幅減少であった。その一方で、カップル向けの物件需要は23区を中心として堅調だ。(SUUMOジャーナルより引用)


カップル向けの物件は上昇傾向にあるということで婚姻率の増加にも影響すると良いですね。。
[PR]
# by areaquestgroup | 2013-10-29 17:14 | エリアクエスト
どうやら、ニューヨーク市に世界一細長い建物が建設されることになりそうです。高さ約411メートル、幅約18メートルのとっても細長いデザイン。これを景観保存委員会が許可しました。3年以内に完成する予定です。

デザインしたのはSHoP。SHoPは、NY Daily Newのインタビューに、この建物の縦横比はほぼ25:1で、「今までにないほど細長い建物になるだろう」と答えています。

こちらの住所はウェスト57番通り107番地になります。セントラルパークの近くです。またこの建物の左隣には、建設後88年経ったスタインウェイホールがあります。スタインウェイ、あの超高級ピアノブランドのショールームです。スタインウェイの建物が石造りで重厚感のあるクラシックな見た目なのに比べて、新しいビルはガラスでできていて、非常に軽やかです。

開発業者のJDS Developmentは、建物の高さを2倍にする交渉を行うために、スタインウェイホールを4億6300万ドル(約453億円)で買い取りました。最終的な許可は、景観保存委員会が出す事になっていましたが、委員会はおおむね好意的に捉えており、許可もあっさりとでたようです。委員会の委員長ロバート・ティアニーさんは「新しい建物と歴史的な建物、双方にとってベストである」と言っています。

「面白い! 行ってみたい!」という方もいらっしゃると思います。でも、このビルは全てのフロアが、1フロア貸しの住居となっていまして、つまりものすごいお金持ちのためのマンションなんです。

世界1細長い建物に入るためには、世界で何番目くらいのお金持ちになればいいんでしょうね。(ギズモード・ジャパンより引用)

ちょっと怖い気もしますが…1フロア貸しの住居ということで完成が楽しみです。

"エリアクエストは事業用不動産のビル所有者又はビル経営者に対して、ビルの収益性を追求し
資産価値を維持・向上させるためのサービスを提供し、同時に、事業用不動産を使用する貸主に対して、日常的なファシリティ(施設)を効率よく運営するためのサービスを提供しております。"
[PR]
# by areaquestgroup | 2013-10-23 19:48 | エリアクエスト
三井不動産リアルティ(株)はこのたび、「シニア世代の住まいに関する意識調査」の結果を発表した。平成25年8月23~26日にインターネットによるアンケート調査を行い、521人の有効回答を得たもの。調査対象は、首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)、関西圏(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県)、中部圏(愛知県)の計3エリア在住で、定年(老)後のシニアライフに向けて、50歳以降に住み替え(持ち家から持ち家)を行った260人(男女130人ずつ)と、50歳以降に住まいの大規模リフォームを行った261人(男性130人、女性131人)。年齢分布は「50~59歳」が22%、「60~69歳」が51%、「70歳以上」が27%だった。
シニアライフの住まい、住み替えた人の90.3%、リフォームした人の86.9%が「満足」

シニアライフを送る住まいとして、現在の住まいに満足しているかどうかを聞いたところ、「満足」と回答した人の割合は、住み替えを行った人の90.3%(「非常に満足(100点)」26.5%、「まあまあ満足(75点)」63.8%)、リフォームを行った人の86.9%(同17.6%、69.3%)となった。物件タイプ別に見ると、「中古マンションへの住み替え」(42人)で「満足」との回答が95.3%(同28.6%、66.7%)と最も高かった。
住み替えまたはリフォームにかかった費用※1は、「住み替え」では平均2,497万円※2、「リフォーム」では平均717万円だった(図1、2)。「中古マンションへの住み替え」では平均1,611万円と、住み替え全体の平均金額より900万円近く低い結果となった。

何歳頃から定年(老)後のシニアライフの住まいについて考え始めたかを聞いたところ、「住み替え」は「50~54歳」(34.2%)が最も多く、次いで「55~59歳」(25.0%)、「50歳未満」(18.4%)の順で、平均は55.4歳。「リフォーム」では「55~59歳」(34.9%)、「50~54歳」(27.6%)、「60~64歳」(16.1%)の順で、平均は58.0歳だった。また、実際に住み替えまたはリフォームを行った年齢を聞いたところ、「住み替え」は平均58.9歳で、定年前である60歳未満が61.6%(「50~54歳」32.7%、「55~59歳」28.9%)を占め、「リフォーム」は平均61.0歳となった。同社では、「住み替えでは、2割近く(18.4%)の人が50歳未満でシニアライフの住まいについて考え始めており、6割を超える(61.6%)人が定年前(60歳未満)に実際に住み替えを行っている」と分析している。


住み替えた理由は「生活の利便性の高いところに住みたい」がトップ

住み替えを行った人に対し、住み替え先のエリアを聞いたところ、最も多いのは「以前の住まいと同じエリア」(44.6%)で、次いで「以前の住まいよりも、都心寄りのエリア」(31.5%)、「以前の住まいよりも、郊外よりのエリア」(23.9%)の順となった。住み替え後の物件タイプ別に見ると、一戸建て(125人)では「以前の住まいと同じエリア」(51.2%)が最も多く、マンション(135人)では「以前の住まいよりも、都心寄りのエリア」(44.4%)が最も多かった。

住まいのリフォームではなく住み替えを行った理由を複数回答(3つまで回答可)で聞いたところ、「買い物や病院など、生活の利便性の高いところに住みたかったから」(31.5%)が、2位の「より広い住まいに住みたかったから」(20.4%)に10ポイント以上の差をつけ、トップとなった。年代別に見ると、60歳未満で住み替えた人(160人)では全体と同じく「買い物や病院など、生活の利便性の高いところに住みたかったから」が最も多く35.0%を占めたが、60歳以降で住み替えた人(100人)では「マンションに住みたかったから」(27.0%)が最も多く、全体では10位だった「子どもと同居/近居するため」(16.0%)が4位に浮上していることから、「年齢を重ねたシニアほど、利便性の高い立地に加え、管理のしやすいマンションへ住み替えや子どもの近くなど、体力の衰えるシニアライフをより意識した選択となっていることが分かった」と同社では見ている。

リフォームを行った人に対し、現在の住まいにどのようなリフォームを加えたかを複数回答で聞いたところ、7割以上が「風呂場/トイレの交換/バリアフリー化」(77.4%)、「クロス・床の貼り替え」(75.5%)、「キッチンの取り替え」(74.7%)を行っていることが分かった。物件タイプ別に見ると、マンションではそれぞれ85.7%、83.9%、87.5%と、8割以上を占めた。また、マンションでは「部屋数を減らした(減築)」が39.3%となり、「住まいの老朽化に伴うリフォームだけでなく、シニア世代のライフスタイルにあわせて部屋数を減らし、『ゆとりある住空間』を手に入れるためのリフォームも積極的に実施していることがうかがえる」。一戸建てでは「段差の解消や手すりの設置などバリアフリー化」が52.7%と過半数を占めた。
住み替えではなく住まいのリフォームを行った理由を複数回答で聞いたところ、最も多いのは「住み慣れた家を離れたくないから」(34.5%)で、次いで「住環境を変えたくないから」(34.1%)、「修繕すればまだ住めると感じたから」(33.0%)の順だった。(不動産ジャパン)

人生の分岐点とでもいうのでしょうか、新しい生活への期待が現実として表れていますね。。

"事業用不動産賃貸のエリアクエスト
エリアクエストでは、不動産に関して貸主と借主に、日常的なファシリティを効率よく運営するための徹底サービスをご提供しております。"

エリアクエストコーポレートサイト
エリアクエストコーポレートサイト 
エリアクエストごあいさつ 
エリアクエスト会社概要 
エリアクエスト事業概要 

エリアクエストの株価
エリアクエスト bloombreg
エリアクエスト Kmonos


関連リンク
エリアクエストブロガー 
エリアクエストLivedoor 
エリアクエストDTI 
エリアクエストエキサイト 
エリアクエストココログ 
エリアクエストフルーツブログ 
エリアクエストみぶろぐ 
エリアクエストQblog 
エリアクエストsublimeblog
エリアクエストのブログ 
エリアクエストアメーバ
エリアクエストはてなブログ
エリアクエストyaplog
エリアクエストMARUTA
エリアクエストスタブロ
エリアクエストWXO
エリアクエストウェブリブログ
エリアクエストseesaa
エリアクエストファンブログ
エリアクエストエムブロ 
エリアクエストSITEMIX 
エリアクエストみて書いてブログ 
不動産ニュース配信teacup 
不動産ニュース配信信州FM 
不動産ニュース配信ポイントブログ 
不動産ニュース配信Wordpress 
不動産ニュース配信blog.com 
不動産ニュース配信百度 
不動産ニュース配信xanga.com 
不動産ニュース配信jigsy.com 
不動産ニュース配信own-free-website.com 
不動産ニュース配信ja.wix.com 
[PR]
# by areaquestgroup | 2013-10-11 18:29 | エリアクエスト
【AFP=時事】オーストラリアで売りに出されたシドニー(Sydney)湾を見下ろす寝室7室の大邸宅が、不動産価格の上昇に伴い、同国住宅販売史上最高値の1億豪ドル(約93億円)を付けそうだ。

「エレイン(Elaine)」の愛称で知られるこの邸宅は、シドニーの日刊紙シドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)創業主のフェアファックス(Fairfax)家が所有していたものでシドニー東部の高級住宅地ポイントパイパー(Point Piper)にあり、敷地はシドニー湾のビーチまで続いている。(AFP=時事より引用)

敷地がシドニー湾のビーチまで続いているなんてとても贅沢ですね。

エリアクエストでは、オフィスの新設・移転をお考えのお客様に対して、 効率的なオフィスを 開設するコンサルティングからオフィス物件のご紹介までを 卜一夕ル的にサービス させて いただいております。

エリアクエストコーポレートサイト
エリアクエストコーポレートサイト 
エリアクエストごあいさつ 
エリアクエスト会社概要 
エリアクエスト事業概要 

エリアクエストの株価
エリアクエスト bloombreg
エリアクエスト Kmonos


関連リンク
エリアクエストブロガー 
エリアクエストLivedoor 
エリアクエストDTI 
エリアクエストエキサイト 
エリアクエストココログ 
エリアクエストフルーツブログ 
エリアクエストみぶろぐ 
エリアクエストQblog 
エリアクエストsublimeblog
エリアクエストのブログ 
エリアクエストアメーバ
エリアクエストはてなブログ
エリアクエストyaplog
エリアクエストMARUTA
エリアクエストスタブロ
エリアクエストWXO
エリアクエストウェブリブログ
エリアクエストseesaa
エリアクエストファンブログ
エリアクエストエムブロ 
エリアクエストSITEMIX 
エリアクエストみて書いてブログ 
不動産ニュース配信teacup 
不動産ニュース配信信州FM 
不動産ニュース配信ポイントブログ 
不動産ニュース配信Wordpress 
不動産ニュース配信blog.com 
不動産ニュース配信百度 
不動産ニュース配信xanga.com 
不動産ニュース配信jigsy.com 
不動産ニュース配信own-free-website.com 
不動産ニュース配信ja.wix.com 
[PR]
# by areaquestgroup | 2013-09-19 11:36 | エリアクエスト
ブログトップ